ながさき経済web

長崎経済研究所

「マスク、外しますか?」

ながさき暮らしのデータBOX  ~リサチャン★レポート~

 5月20日、政府は、屋外では周りの人との距離が確保できなくても、会話をほとんどしない場合はマスクを着用する必要はないなど新たな方針を発表しました。
 そこで、今回は「マスク着用」についてリサーチしました。

調査方法 : 長崎県内に居住する18歳以上男女をモニターとするwebアンケートサイト「リサチャン」で実施。
調査期間 : 2022年5月24日(火)~5月30日(月)
回答者数及び属性:417人【年齢】30歳代以下79人、40歳代85人、50歳代153人、60歳代以上100人

◆外出時のマスク、ほぼ全員が「着用している」


 現在、外出する際にマスクを着用しているか尋ねたところ、「必ず着用している」が8割超(81.8%)で、「だいたい着用している」(17.3%)を合わせるとほぼ全員(99.1%)がマスクを着用していると回答しています。
 新型コロナの流行が長期化し、外出時のマスク着用は「新しい生活様式」の中ですっかり日常となっていることがうかがえす。

◆屋外でのマスク、「外す」「外さない」「状況をみて考える」はほぼ同数


 「屋外」で「人との距離が十分ある」又は「屋外」で「会話がほとんどない」場合、あなたはマスクを外そうと思うか尋ねたところ、「外そうと思う」が32.6%、「外さないと思う」が30.5%、「周囲の状況をみて外すかどうかを考える」が36.5%と、いずれの回答も30%を超え拮抗する結果となりました。

◆マスクを外さない理由、トップは「自分の感染予防のため」

 マスクを「外さないと思う」「周囲の状況をみて外すかどうかを考える」「わからない」と回答した人にその理由を複数回答で尋ねたところ、「自分の感染予防のため(人からうつされないように)」が77.6%と最も多く、次いで「自分の飛沫防止のため(人にうつさないように)」が59.4%で続き、上位は感染予防に関する理由でした。一方、感染予防以外の理由では「外していると周囲の目が気になるから」と回答した人も4割(40.6%)を超え、これに「コロナ以外の感染症や花粉症なども予防できるから」(33.1%)、「顔が隠せるから」(30.6%)などが続きました。
 自由回答には、「コロナが終息するまでは外さない」「外したいが同調圧力を感じる」「自己判断で外したい」など様々なコメントが寄せられました。コメントを見ると政府が着用緩和の新たな指針を示しても、まだまだ外さない又は周囲の動向を見ながらといった意見が多いようです。

その他:「コロナに関係なく着用しているから」「医療従事者だから」など                    

◆自由コメント【マスク着用についてひとこと】

〇本当は早く外したいが、周りの反応が怖くて外せない。小心者の自分が悲しくなる。(長崎市、30歳代、女性)

〇着けたり外したりするのは面倒です。そのため、ずっと着けています。同調圧力もあると思います。(長崎市、40歳代、男性)

〇未だに新入社員の人の顔を見たことがない…(長崎市、40歳代、男性)

〇今後完全に収束するかは定かでないので、ずっと着用すると思います。(長崎市、40歳代、男性)

〇マスクをつけたくないという方々は、せめて人前でくしゃみや咳をするときに服の袖口で覆うくらいのことはやってほしい。これすらできず、往来で大声でくしゃみをしている人を見ると不快でならない。(長崎市、40歳代、男性)

〇これから暑くなるので、はずせるときははずしたいですが。周囲の状況次第ですね。(長崎市、40歳代、女性)

〇これから暑くなると蒸れたり熱中症になる可能性も高くなるので、子供は外しても良いのではないでしょうか。私も回りに人が居なかったり、人との距離が十分に取れる時は外したいと思います。でも、化粧をしなくて済むし顔を隠せるといったメリットが有るので、マスク着用も悪くはないと思っています。(長崎市、50歳代、女性)

〇永久に外すことは出来なさそう。(長崎市、60歳代、女性)

〇政府の方針などといわれても、コロナが終息したわけでもないので感染から一人一人を守るためには全国民がマスク着用を続けてほしい!(佐世保市、70歳以上、女性)

〇習慣になり、フアッションの一部として多種タイプを買い置きしているので、当分はマスク着用を続けるつもりです。(島原市、70歳以上、女性)

〇顔の一部になっているので外すのが恥ずかしい。(諫早市、30歳代、男性)

〇マスク生活のおかげで体調を崩すことが激減して、花粉症も軽度で済んでいます。メイクができない時・したくない時カバーしてくれるので助かっています。自分にはメリットが多いので、コロナが収まってもマスク着用は続けたいです。(諫早市、30歳代、女性)

〇もう3年もマスク生活をしていると、着けることがクセになってしまって、着けないと落ち着かない。(諫早市、40歳代、女性)

〇マスクで感染症が防げるか、防げないかよりも、周りの人の目から見て「常識」かどうか?で考えすぎだと感じる。自分は、屋外を歩くならマスクはしていない。いったい、どこでもマスク無しで生活する日はくるのか。誰が言い出したら従うのか。(西海市、30歳代、女性)

〇皆、マスク着用に神経質になっているようです。自己責任で良いのでは?(雲仙市、60歳代、男性)

〇真夏の屋外は危険。高齢者が自分の家の庭で、マスクして掃除してるのを見たりすると真夏は倒れないか心配。ニュースなどでもっと人のいない屋外ではつけなくていいと啓発すべきだと思う。(長与町、40歳代、男性)

〇これからさらに暑くなるので、マスク着用はTPOで各自判断すべきレベルではないでしょうか。
(長与町、60歳代、男性)

以上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長崎県内にお住まいの方限定 「リサチャン」 アンケートモニター募集中!
 「リサチャン」は「長崎」に特化した地域密着型のアンケートサイトです。 長崎県内に居住する18歳以上の方ならどなたでも参加できます。 簡単な会員登録をするだけで、アンケートのご案内のメールが届きます。
☆あなたもリサチャンのアンケートを通じて意見発信しませんか?
☆ポイントを貯める楽しみも! 会費等一切無料。 いますぐご登録を!

リサチャン https://researchan.jp/ [ リサチャン 長崎] で検索 ~

この記事は参考になりましたか?

参考になったらシェアお願いします!
メールマガジン登録・解除はこちらから
メールマガジン登録/解除
«
»
Copyright © 2021 株式会社 長崎経済研究所 All Rights Reserved.

ページトップ